--ベテランから若手まで、日々の活動を通じてさまざまな話題を提供してくれるジャニーズタレントたち。今回は4月中旬にファンが“ざわついた”ネタを、ジャニーズ研究会の独断と偏見でセレクト!

■NEWS増田、嵐の衣装担当はやんわり拒否される

 ファッション好きが高じて、コンサート衣装のデザインなどを手がけているNEWS増田貴久。NEWSにとどまらず、昨年はHey!Say!JUMPの一部衣装を担当したが、嵐・松本潤にはアッサリと拒否されてしまったとか。4月16日に宮城で行われた『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』(夜公演)のMCの中で、ある時、松本と衣装の話をしていた話になり、「オファー待ってます」とラブコールを送るも……

■続きを読む

 4月22日放送の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)に、中居正広が番宣を兼ねてゲスト出演。SMAP解散後、香取慎吾と初共演を果たし、ファンの感動を呼んでいる。グループでは最年長と最年少という関係性で、かつてバラエティ『サタ☆スマ』(フジテレビ系)に出演していたことから、“サタスマコンビ”として親しまれている。現在は個人活動をしている2人の、久々となる共演に「サタスマ最高」と、涙するファンも多かったようだ。

 中居は、24日からゴールデンタイムに進出する自身の冠番組『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)の宣伝のため、『SmaSTATION!!』に出演。2005年に香取がインフルエンザにより番組を欠席した際、草なぎ剛とともに代理で司会を務めたが、ゲストとしての登場は今回が初となり、大きな注目が集まっていた。

 この日は、スタジオで香取&大下容子アナウンサーと対面するなり、番組宣伝用のポスターを広げた中居。「俺、コイツのこと何でも知ってますから」と前置きしつつ、「でも、ちょっと知らないことがあった。お前、子どもがいたんだってな! お前、なんであれ言わなかったんだよ!」と、「週刊文春」(文藝春秋、4月6日発売号)の報道をきっかけに浮上した“隠し子疑惑”を本人にぶつけた。8日放送の同番組内で「友達の子ども」と否定していた香取は、「『友達の子だ』って、ここで言ったんだよ。いいんだよ、それはもう」と、苦笑い。

「共演で世間の関心が集まる中、生放送で再び“隠し子否定”の話題に持ち込む中居の優しさに、多くのファンが感激していました。この日は『新ご飯の友』という特集のため、中居も試食をしたのですが、苦手な商品にあたると露骨に顔が引きつることも。そんな中居を香取がフォローしたり、合間には2人で『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の『BISTRO SMAP』内で行われていた『おいしー!』のリアクションシーンを披露する一幕がありました。VTRを視聴中にも2人で過去のエピソードを持ち出したり、長年の付き合いだからこそのやり取りを繰り広げていたんです」(ジャニーズに詳しい記者)

 また、オープニングから中居は『ミになる図書館』の番組グッズや、「こないだ『見たい』みたいな話してたから」と、自身がハマっている海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のDVDなどのおみやげを香取に手渡し、それらを入れていたトートバッグについても「これ慎吾にもらったんだよ」と語ってみせ、ファンが喜ぶような絡みをみせた。このバッグにプリントされていたイラストは、フリーペーパー「SmaTIMES」の裏表紙に使用されたもののようで、昨年10月に同番組が15周年を迎えた時に香取が描いた絵。発行当時、柄の中に「SMAP」の“隠れ文字”が入っているのではないかと話題になっていたイラストだ。

 今回の放送内容をまとめたフリーペーパー「SmaTIMES」では、中居が香取や番組の感想について「細部まで目が届く人なので、僕の考えていることも全部分かっていると思います」「僕も楽しかったです。これでスマステーションがどんな番組か分かりましたので、次はぶっ潰しに来ます!(笑)」などとコメント。香取も「まあ久しぶりに会えて、『変わらないなぁ…』っていう感じですね」などと語っており、2人とも共演を楽しんでいたようだ。

「SMAPファンの間では、木村拓哉とおそろいのアイテムも注目を集めました。19日に行われた映画『無限の住人』(29日公開)のジャパンプレミアで木村が着用していた黒地に白のドット柄のポケットチーフとよく似たデザインのものを香取が着用。ファンは『慎吾と木村くん、同じポケットチーフ。ちゃんとつながってるって伝えてくれてありがとう。 中居くんと一緒で楽しそうでよかった』と、感激していました」(同)

 中居の食レポはグダグダだったが、番組で紹介した商品は注文が殺到しているそうで、ネットショッピングではすぐさま完売になったとか。視聴率も前週15日放送の6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)から大幅アップとなる8.3%を獲得し、“SMAP効果”を発揮した今回の共演。今後もまた元SMAPメンバーの共演が実現することを期待したい。

★電子書籍108円セール対象品

ジャニーズ専門の大人気グラビア月刊誌『J-GENERATION』のかわいいプチ・サイズの姉妹誌『J-GENERATION Petit』《プチジェネ》!
毎号、ひとりのアイドルを特集・徹底解剖の好評シリーズ!、Vol.8では舞祭組を徹底解剖!Kis-My-Ft2の「後ろの4人」がSmap・中居正広の手によってステージのセンターに躍り出た!舞祭組の基礎知識やステージ・ヒストリー、カラーグラビア満載!ジャニーズ事務所に入所以来の4人の足跡をまとめた「年表コンプリート」は永久保存版!この一冊で舞祭組の全てがわかるファン必携「舞祭組マニュアル」!

■立ち読みはこちら

――翌日にジャニーズアイドルが出演予定の番組情報をお届けします。見逃さないように、録画予約をお忘れなく!

※一部を除き、首都圏の放送情報を元に構成しています。
※番組編成、及び放送日時は変更になることがあります。最新情報は番組公式サイト等をご確認ください。

●TOKIO

5:50~ 8:00 『ZIP!』(日本テレビ系) 山口達也
8:00~ 9:55 『白熱ライブビビット』(TBS系) 国分太一
11:25~11:30 『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系) 国分太一
18:55~19:25 『Rの法則』(NHK Eテレ) 山口達也
23:00~23:30 『TOKIOカケル』(フジテレビ系)

●V6

8:15~ 9:54 『あさイチ』(NHK総合) 井ノ原快彦
15:55~16:54 『よじごじDays』(テレビ東京) 長野博
19:00~19:56 『水野真紀の魔法のレストランR』(毎日放送) 長野博 ※関西ローカル
21:00~21:54 『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系) 井ノ原快彦

【ゲスト】
22:25~23:15 『認知症 ともに新しい時代へ』(NHK総合) 井ノ原快彦

 

■続きを読む

 嵐・櫻井翔の主演ドラマ『先に生まれただけの僕』が、10月から日本テレビ系土曜午後10時枠で放送されると、同局から発表された。4月期のKAT‐TUN亀梨和也主演『ボク、運命の人です。』がスタートした直後、かつ7月期連ドラの発表より前倒しされたことで、局内でも「絶対に何か裏がある」とささやかれているようだ。

「作品の企画自体は、半年から1年以上前に決まることもありますが、発表のタイミングは放送の1~3カ月前あたりが原則。半年も先の作品を、夏ドラマを飛び越えての発表となると、確実に何らかのトラブルがあったと考えていいでしょう」(ドラマプロデューサー)

 さらに、この放送枠に関しては、以前から局内で「ジャニーズ汚染がひどい」などと指摘されていたという。

「今年4月スタートの土曜午後10時のドラマ枠は、長年同局の看板枠といわれた土曜午後9時の連ドラ枠がお引っ越ししたもの。なんでもジャニーズサイドから、視聴率が低迷していた土曜午後10時放送の『嵐にしやがれ』とドラマ枠を、入れ替えてほしいと要望があったそうです。こうして “無茶振り”を受け入れてもらったジャニーズは、日テレに借りを返すため、自社タレントを同局のドラマに次々に送り込むことにしたといい、現状1年先まで、ジャニーズ主演の連ドラが放送される予定です」(日テレ関係者)

 枠移動となった、かつての土曜午後9時のドラマ枠には、これまでも数々のジャニーズ主演ドラマが放送されてきたが……。

「SMAPのチーフマネジャーだった飯島三智氏の退職で、日テレのジャニーズ依存ぶりは、より顕著になりました。もともと日テレは、飯島派のタレントを極力排除し、嵐やTOKIOを管轄する藤島ジュリー景子副社長に寄り添ってきたんです。そして、飯島氏やSMAPが芸能界からいなくなった今、ますますジャニーズへの依存が激しくなっています。こうした日テレとジャニーズのズブズブの関係については、局内からも反発の声が出ているほどです」(同)

 満を持しての時間帯変更だったものの、『ボク、運命の人です。』の視聴率は、初回12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話で9.6%と早くも1ケタ落ち。暗雲が立ち込める土曜午後10時枠だが、“異例”の櫻井ドラマは、時間帯変更の恩恵を受けることができるだろうか。

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!
 朝鮮半島情勢の緊迫と、共謀罪の審議。さまざまな重要課題が浮上する中、森友学園問題はすっかり忘れ去られてしまった感がある。マスコミもしかり、だ。しかし、このまま安倍政権を逃げ切らせていいのか。危機を煽りつつ、お花見や外遊にうつつを抜かす安倍首相に騙される続けていいわけはないと思う。

第361回(4/20~25発売号より)
1位「工藤静香 “パパ似”長女心美ちゃん『難関校の新アイドル』に!」(「女性自身」5月9・16日合併号)
2位「元SMAP独立で揺れるジャニーズ 『6月地殻変動』」(「週刊女性」5月9日16日合併号)
3位「故愛川欽也さん 贈った家で元愛人は新恋人と半同棲」(「女性自身」5月9日16日合併号)

 先週号、表紙・グラビア・特集記事と木村拓哉を持ち上げまくり“キムタク祭り”だった「女性自身」だが、今週もその流れは健在だ。今度はさらに巧妙なからめ手を駆使してきた。それが“娘”の絶賛記事だ。

 そもそも、これまでキムタクにとって、子どもの話題は絶対的タブーだったはず。決して子どもや家庭生活については語ることがなかった、“アイドル”キムタク。しかしジャニーズ親衛隊の「自身」までもが、そのタブーである娘の存在をフィーチャーする。これはSMAP解散がもたらした副産物であり、異変だ。

 しかも、記事では娘たちを “長女・心美”“次女・光希”と実名で紹介、さらに静香ママと並んで歩く次女・光希ちゃんの写真付きというサービスぶり。そして内容は、長女の名門私立校入学をフックに娘たちの絶賛であふれている。

 “高1とは思えないほど大人びた印象”“日本語、英語、フランス語の3カ国語が堪能”“幼少期から習うフルート、ピアノも相当の腕前”“モデルさんのようなスタイル”“目を引く美人”“大人顔負けのファッションセンス”

 はい、はい、そうですか。まあ、アイドル夫妻の間に生まれた裕福な娘たちなんだから、それも当然でしょうよ。

 だが、「自身」の“キムタク娘”絶賛記事を読んでいて、デジャブ感に襲われた。そう、キムタク娘を持ち上げる記事が掲載されるのはこれが初めてではない。今年の「女性セブン」1月1日号でも「静香の娘 『3カ国語ペラペラ海外留学』『フルート奏でて受賞』遺伝子開花率92%の日々を」と題された記事があったから。もちろん「セブン」記事では娘たちを絶賛し、ついでに母親である静香の完璧な子育てをここぞとばかりに紹介していた。

 これまでメディア露出がほぼなかった、タブーな存在だった娘たちを立て続けに“ジャニーズ御用達メディア”が取り上げる。もちろんこの異変はキムタク、そしてジャニーズ事務所のイメージ戦略の方針転換であり、一方ではその強い焦りさえをも感じるものだ。

 SMAP解散後の今年のキムタクはドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)、そして映画『無限の住人』での怒涛のパブ宣伝で露出しまくったが、それだけでは効果が少ない。“裏切り者”のイメージもなかなか払拭できない。こうなったらタブーだった娘の存在を解禁し、動員しちゃえ!! “アイドル”キムタクが、私生活暴露型のタレント一家にならないよう、祈るばかりだ。

 そしてまだまだ予断を許さないSMAP独立派たちの今後について、「週刊女性」が興味深い事実を報じている。それが、芸能界を追放されたI元マネジャーと、その右腕F氏の動向だ。

 このF氏とは、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)スタート以前からI元マネの右腕として奔走してきた人物で、キムタクも“スーパーマネジャー”と信頼。さらにIマネが事務所を辞めた以降は、総チーフマネジャーを任されていた人物だという。しかし、そんなF氏が事務所の強い慰留を断り、今年5月に退社するというのだ。

 さらに記事では、I元マネが6月に新事務所を設立し、そこにF氏も合流する可能性が示唆されている。加えて、先日の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)における香取慎吾、中居正広の解散後初の共演についても、独立に向けたテレ朝対策だったともいう。

 6月にジャニーズ事務所の根底を揺るがす動きがあると、つまり中居らの独立を強く示唆する「週女」だが、そのXデーは本当に来るのか。今後2カ月間、元SMAPメンバーたちの動向に目が離せない。

 ある意味、もっとも女性週刊誌的な記事かもしれない。3回忌を迎えた愛川欽也。その逝去で話題になったのが、「キンキン塾」の看板女優で、愛川の愛人という存在だった。愛川は生前、この愛人女優に5千万円と言われる一軒家をプレゼントしていたが、「自身」によると現在、そこは愛人女優とその恋人との“愛の巣”になっているらしい。しかも愛人女優は、現在、都内の蕎麦屋でアルバイトをしている――。妻のうつみ宮土理は、密葬や偲ぶ会の愛人出席を認めず、今でも怒り心頭のようだが、しかし愛人の方は新たな人生を歩み始めた。愛川、うつみ、愛人。三者のいずれにも切なさを感じる、女性週刊誌の“人生模様”記事だった。

 “奇跡のおじさん”と呼ばれ、年齢を感じさせないビジュアルと少年のような無邪気さで、幅広い層から愛されているV6三宅健。しかし、近年V6のラジオ番組にメッセージを送るリスナーや、コンサートで見かけるファンは10代といった若い層が増えている印象だ。4月17日深夜に放送されたラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bayfm78)では、三宅がその原因を分析していた。

 発端は、三宅がジャニーズJr.のころから一途に追っかけているという同世代のリスナーから、「『健ラヂ』のリスナーさんや、V6や健ちゃんのファンは、ほぼ10代の方しかいらっしゃらないのでしょうか?」というメールが届いたこと。手紙やメールは年齢で選んでいる……

■続きを読む

<p> KAT-TUN・亀梨和也主演のラブコメディ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)の第2話。平均視聴率は2.4ポイントダウンの9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、少々寂しい結果となりました。</p><p> 30年後に誠(亀梨)と晴子(木村文乃)の子どもが地球を救うことから、神様(山下智久)が2人をなんとかくっつけようとするオモシロ設定の同作。早速あらすじを振り返ってみましょう。</p>

 今回ツッコませていただくのは、4月22日放送の『ABChanZOO』(テレビ東京)から「学校では絶対に教えない“義務じゃない教育”ラブホテル経済学」。

 そもそも「ラブホテル」というテーマがOKになるジャニーズグループは、A.B.C-Zを除くと、TOKIOと関ジャニ∞、ギリギリKis-My-Ft2くらいではないだろうか。とはいえ、塚田僚一、河合郁人、橋本良亮はともかく、心配なのは、「真面目でお上品」イメージの戸塚祥太と五関晃一だ。

 講師は、「これまで訪れたラブホテルは3000軒以上、宿泊は100泊以上」というラブホテル評論家の日向琴子氏。まず冒頭で切り込んだのは、やっぱり河合だ。

「3000軒? ちょっといいですか? 誰と?」。半分は取材、「半分はプライベートで」という返事にニヤニヤしたのは、河合と、驚いたことに後ろの席に座っていた五関だった。河合が続けて「そもそもラブホテルって儲かるものなんですかね?」と聞くと、五関もやっぱりニヤニヤ。

 また、「風営法」「旅館業法」のラブホテルの違いについて、風営法のほうは「SMルーム、回転ベッドなどHなモノを置いてOK」という説明をする際、先生がチラリと顔の向きを変えると、戸塚が言う。

「なんでSMルームの時、俺のこと見たんですか」

 ラブホテルの3大利用客は誰か、というクイズでは「普通のカップル」「不倫カップル」のほかにもうひとつ「男同士とか」と答える河合。ジャニーズが言うのは、ちょっとどうかと思うが、続けて真顔の戸塚が言う。「ご無沙汰のカップル」。さらに、「○○○○」というクイズの伏せ字を見た橋本が、「4文字ですよね? ※●△×(放送されず)」と真顔で言い、先生に「それ言って、大丈夫?」と聞かれてしまう(※正解は「大人の遊び(プロとの遊び)」)。

 そんな中、「ラブホテルの女子会プラン」にはさまざまなものがある、という話題で、それまであまり言葉を発していなかった塚田が言う。

「あれもいいかもしれないですね。ジャニーズのコンサートを見て、ラブホテル(に泊まる)。地方とかも行ったりするんで、宿泊が大変っていうのも聞いたりするので」

 その発言を、先生は「ファンのこともよくわかってる」と評価し、次のように言う。

「遠征先は必ず宿不足になるんですって。で、ラブホテルに泊まってカラオケもできます。予習復習をホテルでやってる女の子も実際います」

 お茶の間では「芸人」扱いされがちな塚ちゃんだが、実は意外と「常識人」であることが発覚してしまうのも、「『えびちゃんズー』あるある」のひとつである。

 

 そして、最も盛り上がったのが、「儲かりそうなラブホテルの名前を考える」コーナーだ。

・河合「ファーストタッチ」→評価:いいが、ダサい。
・塚田「サマーバケーション」→評価:儲からない。夏しか使えない。
・戸塚「ディカプリオ」→評価:なんかデカそう。いろんな権利が関わってきそうでダメ。
・五関「あそこ」→評価:もうあるから儲からない。

 名前が発表される度、河合が「アキャキャキャ」と馬のいななきのように高笑いしたり、周囲がニヤニヤしたりする中、しかし橋本だけは笑わず下を向いている。まるでカンニングでもしているような真剣な表情で。そこで掲げた回答は……。

ほっかいどう…じゃがボッキル
千葉…らっか性者
おきなわ…ラフ天

 実は、課題へあまりに深く没頭し、真剣かつ貪欲に多数の回答を考えていたために、他人の回答など耳に入ってこなかったのだった。呆れるほどの集中力である。

 ちなみに、先生がオススメするラブホテルの名前は、「インパクトがあること」「女子目線でオシャレ」ということで、実在のラブホ名として「ローズリップス」「やんちゃな子猫」「サンタのお家」が挙げられた。

 これを受け、河合が果物名を取り入れるのはどうかというと、先生は「あるね」と言い、実在のラブホ「バナナとドーナツ」を挙げた。「それ、完全に狙いにいってますね」(橋本)「贅沢な遠足のおやつですね」(河合)というコメントに続き、真剣な顔で考えていた戸塚が言う。

「バナナとドーナツとミルクだと、完璧ですよね?」

 戸塚の下ネタはかなり意外だったが、もっと意外だったのは、涙を拭きながら一番笑っていたのが五関だったこと。また、戸塚は料金設定をいきなりほぼ正解し、「さすがピンク(メンバーカラー)」と自分で言っていた。

 それぞれ、これまで知らなかった意外な面がたくさん発見された『ABChanZOO』。A.B.C-Zの奥の深さを毎回感じさせられる素晴らしい番組だと、あらためて思った。
(田幸和歌子)

 レギュラーを務めるTOKIOの中でも、城島茂の活躍なくして成立しない『THE!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)。もはや彼の「冠番組」と化しているこの番組から、国民的中年アイドル・茂の動向をお伝えします!

■視聴率:17.9%(4月23日放送回)

 この日は「新宿DASH」と「0円食堂」の2本立て。後半の「0円食堂」では、城島茂と国分太一が、春の伊豆半島を回った。

◎対照的だった茂と太一のロケ
 2人は「道の駅」で情報収集すると、それぞれ二手に別れ、目星をつけた生産者のもとへ。だが、太一が「0円食堂」に参戦するのは9カ月ぶり。緊張しているせいか「今日はとりあえず空港に……」と、漁港を「空港」と言い間違えるというイージーミス。「(コメントも)錆びてるね」と、ブランクの長さを自覚しているよう。

 伊東港に向かい、金目鯛の廃棄品がないか聞いてみたが、この日は海が荒れ、そもそも漁に出ていないことが明らかに。やむなく近くの干物店を訪ねた太一。店先で作業をしている人たちに声を掛けてみた。

「こんにちは。すいません『鉄腕DASH』という番組なんですけど」「……」「突然すいませんお話聞いてもいいですか」「……」「中入ってもいいですか?」「……」

 彼らは別に太一を無視しているわけではなく、作業に没頭するあまり、聞こえていないだけなのだ。交渉の結果、小さすぎて干物にできないイボダイなどをゲット。

 そんな太一と対照的だったのが茂だ。温泉まんじゅうの工場に足を運んだところ、十数メートルはあろうかという距離から、すぐ経営者に気づかれたではないか。そして、その方の動揺っぷりがすごい。

経営者「あっ、えっ、えっ、エッ!? アッ! アッ! アッ~いえ~」
茂「『鉄腕DASH』という番組のロケで……」
経営者「はい! ハイ! どうしたらいいでしょう? いや~△※〇☆□×◇」

 異様なまでの慌てっぷりである。ただ残念ながら、廃棄処分されるような物はなかったため、茂はそこを後にし、4年前、明治から続く伝統の定置網漁を体験した川奈港へ向かう。すると、漁協事務所の奥から現れた男性が一言、「どうも! アオリイカで会ったじゃ~~ん!」。

 男性はロケ当時、獲れたてのアオリイカの刺身で食べさせてくれた職員の方だった。うれしい再会に交渉もスムーズに進み、冷凍焼けして変色してしまった金目鯛の頭の部分をゲット。漁港に顔なじみがいるアイドル、茂の強さが発揮された。

◎太一が傷ついた? 農家のおじさんの一言
 一方、太一にはさらなる悲劇が訪れていた。野菜農家のおじさんのもとにやってきたが、「野菜何種類作ってるんですか?」と聞くも、「わかんね」とそっけなく返され、「結構作ってるんですね」「うん?」「結構作ってるんですか」「うん?」と、まったく会話にならない。

 そこで太一は、自分たちのグループについて聞いてみることに。

太一「お父さん、TOKIOって知ってます?」
野菜農家「うん知ってる」

 どうやらTOKIOのことは知っているようだ。そこでさらに、「僕、TOKIOだって知ってます?」と、メンバーの一員であることを伝えてみた。だが、おじさんは「あ、そう」。

太一「『鉄腕DASH』っていってね、日曜日の夜の夜7時からやってる番組……」
野菜農家「あれ見る俺」
太一「あそこにいますよ、僕」

 だがおじさんは、まさかの一言を。

「あっそう? 気が付かなかった!」

 「知らなかった」ではなく「気が付かなかった」。つまりおじさんにとって、TOKIOというグループは4人しかいないことになっていたのだ。そんなおじさんに、太一はもはや、こう返すのがやっとだった。「……そうっすよね! いいんです。これからもっと頑張りますから俺」「そうだね! 頑張って!」。

 おじさんとの珍妙なやり取りは、完成した料理を試食してもらった最後まで続いた。「僕の名前覚えました?」「覚えた」「名前は?」「国分さん」。

 念のため「グループ名は?」。すると、おじさん、まさかの「MAX?」。

 強烈キャラの前に、さすがの茂もほとんど出る幕がなかった、この日の「0円食堂」であった。

MTBlog50c2BetaInner

ジャニーズ チケット 格安購入

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.10

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能スキャンダル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村