<p> ジャニーズタレントの熱愛ゴシップをめぐっては、ファンがタレントではなく相手女性を批判する傾向が強いが、今回は違うようだ。</p><p> NEWS・小山慶一郎にスキャンダルが続出したことで、小山本人へのバッシングが広がっているのだ。</p><p>「私たちにとって一番許せないのは、小山から“コネチケ”が出回ったことなんです」</p>

美人振付師と熱愛発覚! 中居正広の結婚に、亡き父親が重大証言していたの画像1

 元SMAPの中居正広が、振付師兼ダンサーの武田舞香さんとの熱愛を「女性セブン」(小学館)で報じられた。

 発売中の同誌には、3月上旬、中居の自宅マンションに慣れた様子で通う武田さんの姿がキャッチされている。ツーショット写真はないものの、彼女がマンションに入った数分後に中居の部屋のリビングの電気が点灯したという。

 武田さんは安室奈美恵や加藤ミリヤのツアーのバックダンサーなどを務め、業界でも「指導は厳しいが、美人で有名だった」(音楽関係者)とか。

 出会いは2010年ごろで、SMAPが新曲やコンサートのためにダンスを覚えるリハーサルの際、武田さんはメンバーの代役で踊るダンサーだったという。

 中居といえば、芸能界では坂上忍と並ぶ「結婚に向いていない男」。一部では武田さんとの年内ゴールインもウワサされているが、それでも芸能マスコミに聞いてみると「中居さんが異性と共同生活を送る姿は想像できない」という声が圧倒的だ。

 極めつきは、15年2月に亡くなった中居の最愛の父・正志さんの言葉だ。スポーツ紙記者が明かす。

「中居さんのお父さんは『紅白歌合戦』のリハーサルに毎年来ていて、マスコミの問いかけにも気さくに応じてくれました。お約束で聞かれるのは、中居さんの結婚話。正志さんにとって、最後の『紅白』となった14年のときは『期待しているんだけど、もう諦めたよ。ああいう性格だからね。仕事を頑張ればいいんじゃないですか』と笑っていました。フェラーリの帽子が似合う素敵なお父さんでした」

 父親の言う「ああいう性格」の中身まではわからないが、結婚向きなタイプでないことは間違いない。熱愛が発覚した今、中居は武田さんとの今後についてを父の墓前にどのように話しているのだろうか――。

<p>「この曲を初めて聴いた時に“ピコ太郎はヤバい奴なんやな”っていうのは、DJのみんなは感じたはずなんです」</p><p> 音楽プロデューサーのtofubeatsは、昨年大ブレークしたピコ太郎の「PPAP」について、こう語った。</p><p>「TR‐808」、通称「ヤオヤ」によるカウベルの音が使われていることに着目し、絶賛したのだ。それは、『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)での一幕だった。この放送は大きな反響を呼んだ。<br /></p>

 女性関係のスキャンダルが発覚した横尾渉を含め、Kis-My-Ft2メンバーの不穏なウワサが続々と噴出している。元交際相手や現在の彼女とされる女性の素性が特定された横尾は、3月16日頃から女性との“浴衣ツーショット”写真がネット上に流出。今度は二階堂高嗣にも飛び火するなど、いまだ収束の気配が見えない状況だ。

 NEWS・小山慶一郎とアイドルグループ・放課後プリンセスの候補生(当時)だった太田希望の交際疑惑に続き、ネットの情報を発端として検証が進んだ横尾の女性問題。太田はSNSに小山を連想させるアイテムを載せていたことで批判が続出したが、横尾も元彼女&新恋人とされる女性のSNSが大炎上した。元彼女として名前が浮上したモデル・堀田理紗は、横尾に関連した投稿が発掘されることを懸念したのか、17日までにブログの全記事を削除。また、堀田とみられる女性と横尾のツーショット写真も出回り、横尾に対するキスマイファンの怒りが募っている。

「新恋人は東京・中目黒のリラクゼーションサロンに勤務する女性だと言われていますが、彼女がSNSにアップしていた風景や施設内の写真から、横尾の自宅マンションを突き止めるファンも。マンション名や家賃など細かいデータがTwitter上で広まってしまい、『騒ぎを受けて引っ越しするのでは』と、話題になっていました。そんな中、20日の午前8時頃には、あるTwitterユーザーが東京・品川のホテルのフロントでジャニーズWEST・神山智洋&濱田崇裕と横尾に遭遇したとツイートしたんです。神山&濱田は仕事の都合で東京のホテルを利用した可能性が高いですが、横尾は過激ファンの襲来や危険を回避して一時的に自宅を離れているのかもしれません」(ジャニーズに詳しい記者)

 また、横尾がレギュラー出演している『ペットの王国 ワンだランド』(テレビ朝日系)が、3月26日に最終回を迎えることが明らかになった。プライベートでペット介護士の資格を取得した横尾は、2015年10月よりレギュラーメンバーとして新加入。19日のオンエアーの段階で、リニューアルの情報などは発表になっていないため番組は終了するとみられており、一部ファンは「『ワンだランド』は横尾さんの頑張りが見れるから楽しみにしてたのに……」とショックを受けている。同番組といえば、ファンがテレビ局に横尾の出演を希望する手紙を送ったことがきっかけでレギュラーが実現したとされており、横尾もコンサートのMCでこうしたファンの動きに感謝を述べていた。

 自身の努力とファンの後押しで初の単独レギュラーを掴んだものの、1年半での終了には「ファンが番組に手紙書いてあなたを推薦したから獲得できたレギュラーでしょ。あなたはファンを裏切ったんだから終わって当然」「『ワンだランド』終わり。ついに横尾さん干されるね」など、手厳しい反応も出ている。

「17日にはニューアルバム『MUSIC COLOSSEUM』(5月3日発売)のリリースが発表になりましたが、横尾の一件でグループ自体に悪い印象を抱いてしまった人も少なくないようです。中には『アルバム買いたくない。そのお金が彼女にいっちゃうのかなと考えると無理』と、シビアな声もあったほど。一方で、横尾の騒動を機にキスマイメンバーのよからぬウワサが次々と持ち上がっています。真偽は不明ながら、二階堂と4人組ガールズバンド・SCANDALのHARUNAの親密関係を暴露するアカウントや、二階堂が親しい女性にアルバムの詳細や今年のコンサートは『360度ステージ』になっていると漏らした話など、さまざまな情報が氾濫しています」(同)

 沈静化するどころか、余波が広がり続けているKis-My-Ft2の女性問題。グループの活動に悪影響が出ないためにも、しばらく仕事に邁進してほしいものだ。

 2月25日、東京・下北沢の「本屋 B&B」で、『大人のSMAP論』(宝島社新書)の共著者である、速水健朗氏、戸部田誠氏、みきーる氏によるトークイベントが行われた。会場はSMAPファンと思しき女性が中心であったが、メディア論に真剣に耳を傾ける男性も見受けられ、50席近くが満席となった。

 「大人のSMAP論」は、3氏による鼎談をまとめたもので、SMAP解散直前の2016年12月10日に発売。速水氏はメディア論や都市論を専門とするライター・編集者。戸部田氏は「てれびのスキマ」名義のコラムでも知られるテレビウォッチャー。そして、みきーる氏はジャニーズファン歴20年以上の「ジャニヲタ・エバンジェリスト」を名乗る。解散報道後、SMAPを社会学的に語る本がいくつか出版されたが、この本は得意分野の違う3氏が集まったことで、音楽やコマーシャルに視点を置き、SMAPが社会に与えた影響が語られたり、ファンの視点からアイドルの“高齢化”について語られたりと、SMAPのことをより深く、さまざまな観点から分析している。速水氏は「CDは残るものだが、残らずに流されているテレビ出演や流行、またファンコミュニティの視点について触れた。時代論、社会論としてしまうと“終わったもの”となり、『ああ、そんなものがあったよね』と片付けられてしまう。そこへの抗いがあった」と、本書の意図を語っていた。

 

■続きを読む

 レギュラーを務めるTOKIOの中でも、城島茂の活躍なくして成立しない『THE!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)。もはや彼の「冠番組」と化しているこの番組から、国民的中年アイドル・茂の動向をお伝えします!

■視聴率:15.3%(3月19日放送回)

 この日の『ザ!鉄腕!DASH!!』は、人と動物の在り方をめぐってネット上で賛否両論が巻き起こり、“プチ炎上”状態に。果ては「TOKIOはひどい」という論調で批判する者も現れ、珍しく荒れた1時間となった。しかし、そんな感情を和ませたのはリーダー城島茂の存在だった。

◎テレビ番組は慈善事業か?
 最初に議論の対象となったのは、前半の『新宿DASH』。都会のコンクリートジャングルを自然に戻す企画である。TOKIOのメンバーは去年、新宿にほど近い大学の屋上に畑を借り、今は亡き農業指導者・三瓶昭雄さんから譲り受けたカブとほうれん草のタネを蒔いた。
 
 この日の茂のパートナーは国分太一。野菜を覆っているビニールハウスの中に、鳥が紛れ込んでいることを発見。専門家によると、それは文鳥。しかも、それまで人が飼っていた可能性があるという。

 定点カメラの映像を見返すと、2人が畑に来るずっと前から、文鳥はハウスの中にいたことがわかった。米粒を食べることで知られる文鳥だが、それだけでは飽き足らず、ほうれん草の葉っぱをついばんでいる姿も確認できた。
 
 育てている大事なほうれん草を食べられようとも、茂はすっかり可愛い文鳥にゾッコンで、「ピーちゃん」と勝手に名付け、呼び始めている。だが、太一の「ピーちゃんじゃないな」との指摘に、「チコちゃん」と改名、やたら甲高い声でひたすらその名を呼び続ける。
 
 さてそのチコちゃん、専門家の「(文鳥の)野生化が問題になったことはないので見守りましょうか」との助言により、そのままにしておくことに。だが、飼い主が探している迷い鳥の可能性もあっただけに、視聴者の一部からは「文鳥をのんびり眺めてないで、保護しろよ」「せっかく保護できるチャンスを見逃すのは信じらんない」といった疑問の声が噴出。そんな“愛護派”に対し、「番組は慈善事業じゃないんだからさ」「この企画は動物の保護目的ではない」とする者も出現、激しい言い合いが展開された。

◎「害獣」か「ペット」か?
 さらに後半では、動物の駆除と飼育をめぐる論争が勃発。増えすぎた外来動物をおいしく食べようという新企画「グリル厄介」第1弾として、沖縄の川に棲みついてしまった「プレコ」という南米の魚をつかまえ、ミシュラン一つ星のフレンチレストランで調理してもらったが、これに異を唱えたのが、プレコをペットとして日頃可愛がっている人々。

 実はプレコは、黒光りした硬いウロコの質感とおとなしい性格から、観賞用として人気なのだ。そこで、シェフによってさばかれ、油で揚げられていく様を見たプレコ好きの中には、「今までペットとして見ていたから胸が痛い」「ペットというイメージしかないから食べるという発想はなかった」「嫁が号泣気味」といった切ない声が沸き上がった。

 すると、そんな“愛護派”に対し、懐疑的な意見を述べる者も。「鯉と同じようなもんだろ」「『プレコかわいそう』って言ってる人、捨てた飼い主にまず怒ろうね」「プレコがかわいそうだって人は、口だけじゃなくあの100匹位を全部引き取って可愛がってあげれば?」などと議論が白熱。ヒトと動物の在り方に一石を投じたのだった。

 一方、番組内での茂はいつもの調子。オープニングでは、何を勘違いしたのか米兵が着る、やたらと胸ポケットが多いミリタリージャケットを着こんで登場。さらに川に入り、水中にひそむプレコをモリで突こうとするも、老眼のためプレコとの距離感がまったくつかめず、ことごとく逃げられてしまう。

 そしてフレンチレストランで作ってもらった、麺状の生地「カダイフ」でプレコを巻いて揚げ、黒トリュフを添えた一品を前に、なぜかド緊張。なみなみと注がれたコップの水を飲み干し、一口食べると、なぜか森進一のモノマネでよく見かける表情になり、「これ、すごいな!」。

 いつもはお茶の間からツッコまれる茂だが、この日は『DASH』視聴者のささくれだった心を癒やす“緩衝材”となった。

◎今日の茂ヒトコト
「男は備えがあったほうがいい。いくつ引き出しがあるかだ」
(ミリタリージャケットの胸にたくさんついているポケットに見とれながら)

「ホンマに君か?」
(本格フレンチに仕上がったプレコのおいしさに、目の前に置かれた、さばかれる前のプレコに一言)

――翌日にジャニーズアイドルが出演予定の番組情報をお届けします。見逃さないように、録画予約をお忘れなく!

※一部を除き、首都圏の放送情報を元に構成しています。
※番組編成、及び放送日時は変更になることがあります。最新情報は番組公式サイト等をご確認ください。

●TOKIO

5:50~ 8:00 『ZIP!』(日本テレビ系) 山口達也
11:25~11:30 『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系) 国分太一
18:55~19:25 『Rの法則』(NHK Eテレ) 山口達也

※『白熱ライブビビット』(TBS系、国分太一)、『TOKIOカケル』(フジテレビ系)は放送休止。

●V6

8:15~ 8:55 『あさイチ』(NHK総合) 井ノ原快彦

 

■続きを読む

 今や国民的アイドルグループとなった嵐。4月19日にニューシングル「I’ll be there」の発売を控えており、今年も彼らの勢いはとどまることを知りません。そんな嵐のリーダーを務めるのは、グループ最年長の大野智。メンバーをグイグイ引っ張るというよりは、俯瞰でメンバーを支える、新たな“リーダー像”を確立しています。

 どこかゆったりとした空気をまといながらも、ステージに上がるとキレのあるダンスと透き通るような歌声を披露。そんなギャップが、ファンの心を掴んで話さない、大野最大の“武器”かもしれません。そこで今回は、大野の魅力がギュッと詰まったとっておきのショットを大公開! コロコロ変化する表情に癒やされちゃってください!

■写真はこちらから

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 石原慎太郎元都知事に対する百条委員会が昨日開かれた。「知らなかった」を連呼する石原氏は想定内にしても、まったく追求できない野党にはがっかり。そして3月26日には注目の森友学園・籠池泰典氏の証人喚問が行われるが、今度こそ野党には問題解明――本質である国有地の不自然な激安払い下げの流れ――につながる質問を期待したい。決して安倍晋三首相の“名誉のためのショー”にならないように。

第357回(3/17~21発売号より)
1位「木村拓哉 SMAP解散騒動渦中“共演父の教え”で決断した『孤独の道』」(「女性自身」4月4日号)

2位「中居正広 武田舞香との6年愛のウラで隠してきた年下女性」(「週刊女性」4月4日号)
参照「中居正広の結婚観を変えた女」(「女性セブン」3月30日・4月6日合併号)
3位「稲田朋美 地味でも媚び上手『イラッ伝説7』」(「女性自身」4月4日号)

 ここ最近の世の中、フェイクニュースやらイメージ操作やらといった言葉が氾濫しているが、まさか、こんなところにも……。

 今週の「女性自身」がトップ特集で報じたキムタク記事。その内容は、昨年のSMAP解散騒動の渦中に撮影された映画『無限の住人』で初共演した、俳優で舞踏家の田中泯が、木村に手を差し伸べ、木村も田中の孤高な生き方に感銘を受けた、というもの。しかし驚くのは、そこに散りばめられた木村主演ドラマ『A LIFE』(TBS系)の視聴率を誇示する賛辞の嵐だ。

 そもそも記事リードからしてこうだ。

「今クール高視聴率を最後までキープし、有終の美を飾った」

 さらに、記事でも“チームの士気は高いまま最終回まで突っ走った”“第9話までの平均視聴率が14%を超える、今クールいちばんの大ヒットドラマだ”“第8話の視聴率が15.7%と最高記録を打ち出したときも、『ヨッシャー!』と木村さんがいちばん喜んでいました”などなど絶賛の嵐。

 えっ、そうだったっけ? しかも、この視聴率って手放しで喜ぶほど!?

 『A LIFE』は木村にとって、SMAP解散後初の“ソロ”活動の場として大きく注目されたものだった。マスコミはこぞって、木村とその主演ドラマについて報じた。天下のキムタクさまにとって正念場だ、と。そのため木村も頑張った。ドラマ放送前には番宣に出まくり、メイキング特集も放映された。雑誌媒体のインタビューも異例というほど立て続けだったし、多くの表紙も飾った。全てはドラマ『A LIFE』のため。

 視聴率に関しても放映前から話題になっていた。低視聴率など許されないし、あり得ない。毎回15%以上は必須だし平均でも20%だ! と盛り立てた。何しろキムタクは2000年の『ビューティフルライフ』(同)で最高視聴率が40%を超えたこともある実力者だ。その評価が下がった『安堂ロイド~A.I.knows LOVE~』(同)だって『アイムホーム』(テレビ朝日系)だって、最高19%以上の視聴率だったりした。だから話題性も抜群だった今回のボーダーラインは20%前後、少なくても15%超え。そんな期待値、前評判の高さもあった。

 しかし――。蓋を開けると第1話は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。木村の主演ドラマの中でも初回最低を記録してしまった。第2話は微増し14.7%。ここまで話題性がありながら20%どころか15%にも満たない。さらにその後も続落し、4話までの平均視聴率は12.3%。そして全10話の平均が14.5%――。

 もちろん現在のドラマ界は全体に視聴率が低迷していることは確かだ。その中で『A LIFE』は他ドラマ視聴率と比べればトップで健闘した。しかし、今回のドラマはSMAP解散後、最初の大仕事だ。脇を固める俳優陣も豪華キャストで、しかもメディアでは木村を盛り立てた。1話の制作費が破格の1億円とも言われる“大作”だ。そう考えれば、平均視聴率が最低目標の15%を超えなかったのに、ここまで絶賛する理由など見当たらない。

 だからなのだろう。ジャニーズ御用達の「自身」は、前評判の“15%は必須だし20%もいける!”などという威勢のいい主張をこっそり取り下げた。なかったことにした。そして“今期ドラマの中ではトップだ”という快挙にすり替えた。そしてキムタクのSMAP解散初の主演ドラマは大成功! という印象操作に必死だ。

 それは「自身」だけではない。19日に放送されたドラマの最終回。平均視聴率は16.0%だった。確かに全話通じての最高記録だったが、多くのマスコミはこれに大はしゃぎ。“自己最高”“全話通じての最高視聴率をマーク““有終の美”と絶賛している。最高16.0%で、ここまで褒め称えちゃうのだ。平均で15%いかなかったのに、それは無視するんだ。すごいなキムタクパワー。でも、昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)は最終話20%越えだよ。

 予想よりはるかに低い視聴率だったが、“ポスト真実”はこうして出来上がっていく。

 中居正広に二股疑惑!? スワッ、第二の嵐・松潤問題勃発か!?

「女性セブン」が報じた中居の同棲6年愛。事務所もこれを否定しなかったことや、その関係が6年という長期に渡っていたこと、これまでSMAPの恋愛を後追いしなかったスポーツ紙などのメディアが一斉に報じたことなど、各方面に衝撃を与えたが、これを受けての「週刊女性」の記事もまた衝撃的なものだ。何しろ中居のお相手として報じられたダンサーの武田舞香以外に、親しい女性の存在があったというのだから。

 記事によると、結束の固いことで知られる中居側近の“チーム中居”がオーストラリア旅行に行った際、同行していた女性がいた。30代ですらっとした美人だったというが、それは武田ではなかった。しかも、中居は周囲にこの女性を“彼女”だと紹介していたという。

 問題はこのオーストラリア旅行の時期だ。それは今から5年前の12年のことだという。現在の武田とは6年前に知り合っていたと報じられているが、とうことは、5年前の彼女と武田を“二股していた”可能性が確かにある。しかし記事にはその後、問題の彼女と中居がどうなったのか、別れたのかそのまま付き合っているのかには触れられていない。新しい彼女ができて破局したのか、それとも現在も――。ぜひ「週女」には、今後その続報を期待したい。

 森友問題で、いろんなキャラクターの登場人物が世間を騒がせているが、その1人、嘘証言をした稲田朋美防衛相について「自身」が取り上げている。高校時代の同級生などから“地味で真面目だが、先生には媚を売る”などというありがたくない証言の数々が浮上するが、それは現在の姿から何となく想像できる。

だが興味を惹かれるのは稲田大臣と父親の関係だ。記事によれば、稲田大臣は父親から多くの影響を受け、敬愛し、何でも言うことを聞いたらしい。なんだか東電OL 殺人事件の被害者と、連続不審死事件の木嶋佳苗被告を連想してしまった(あくまで個人的に)。

 元SMAP・草なぎ剛(42)の主演ドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)。平均視聴率は、初回から2桁台をキープし続け、14日放送の最終回も11.6%を獲得し有終の美を飾って幕を閉じた。初回から「剛くんの迫力がすごい」「ゾクゾクする」と草なぎの演技力の高さに賞賛の声が上がっていたが、その影で「今回も草なぎマジック発動してる」と話題となっていた。

 この“草なぎマジック”とは、「草なぎと共演すると、なぜか女優が通常よりも良く見える」というもの。本ドラマに出演していた水原希子(26)は、これまで『失恋ショコラティエ』(同局)、『心がポキッとね』(同局)、『家族ノカタチ』(TBS系)などの連ドラにて準主役を演じてきたが、主にアンチがゴリラ呼ばわりするなどの容姿を批判する声がつきまとってきた。しかし、今回は、最初こそ同様の反応が多かったものの、第5話にてキャビンアテンダントに扮して銀行員を誘惑するシーンでは「ぽってりした唇がセクシー」と好評で、全編通して緊張感溢れるシーンで見せるクールな表情が「綺麗すぎる」「艶っぽくて良い」と評判だった。

 山本美月に関しては、万人受けするコンサバティブな容姿ゆえ、これまでの出演作品では“可愛さ”を全面に押し出すわざとらしい役が多く、見た目よりも「演技力のなさ」が目立ってしまっていた。しかし今回は癖のない役どころで、台詞の量が比較的少なかったことも功を奏したのか、草なぎに恋するお嬢様という役柄が驚くほど合っていた。最終回には「山本美月ちゃんが切なくて泣けた」とアツい反響を呼んでいる。

 過去にも、『僕と彼女と彼女の生きる道』(フジテレビ系)では小雪(40)が、『任侠ヘルパー』(フジテレビ系)では黒木メイサ(28)がそれぞれ草なぎ主演ドラマのヒロインを務めた際に、クールビューティの印象が強い2人でさえ、「可愛く見える」「雰囲気が柔らかくなった?」と彼女たちの新たな魅力を引き出すきっかけとなった。

 『嘘の戦争』の前身である復讐シリーズ第一弾『銭の戦争』には大島優子(28)が出演。AKB48卒業後初の連ドラ出演で、まだアイドル色の強かった彼女が「もしかしたら演技上手いのかもしれない……」と話題となった他、木村文乃(29)も、その美貌と演技力の高さが注目され、ブレイク後の人気を安定させる作品となった。

 他にも『いいひと。』(フジテレビ系)に出演した菅野美穂(39)は、本ドラマ終了2カ月後に発売したヘアヌード写真集『NUDITY』(インディペンデンス)が80万部のベストセラーになるほど話題となったり、『スタアの恋』(フジテレビ系)では藤原紀香(45)や長谷川京子(38)が、『僕の生きる道』(フジテレビ系)では矢田亜希子(38)が、『僕の歩く道』(フジテレビ系)では香里奈(33)が、『恋におちたら〜僕の成功の秘密〜』(フジテレビ系)では松下奈緒(32)……と上げればキリがないほど、多くの女性が、草なぎと共演した際に新たな魅力を発揮し、ブレイクの契機になっている。

 以前、『SMAP×SMAP COMPLETE BOOK 月刊スマスマ新聞 VOL.5〜GREEN〜』(東京ニュース通信社)で、稲垣吾郎が「SMAPで一番モテるメンバー」を問われた際に草なぎの名前を上げて「いろんな女優さんが共演したがっている」と明かしていた。草なぎ主演の人気ドラマ『スペシャリスト specialist』(テレビ朝日系)の新シリーズのオファーが届いているなんて情報も流れているが、次に“草なぎマジック”の恩恵にあやかる女優は誰なのか……。ゴリ押し女優・剛力彩芽や、低視聴率女王・武井咲、川口春奈、今クール大爆死・西内まりやなど、多くの女優たちが“草なぎ主演ドラマのヒロイン争奪戦”を繰り広げることになるかもしれない。

 いずれにせよ、業界一のアゲチン俳優・草なぎ剛から、ますます目が離せない。

(夏木バリ)

MTBlog50c2BetaInner

ジャニーズ チケット 格安購入

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.10

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能スキャンダル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村